くるみちゃんのしっぽ


生後6ヶ月 くるみちゃんのしっぽは

ちょっと長めのボブテイルといわれるカタチです


くるんと巻いた短い尻尾を持つ猫は

東南アジア原産とされています

江戸時代 交易船にネズミを捕る目的でこの短い尾の猫が乗船し

次第に日本全国に広がったという説がどうも有力ですが

昔 短いしっぽの猫が日本で流行した意外な理由があるのです


その昔 まっすぐな長い尻尾を持つ猫は

年齢を重ねると猫又という妖怪になると信じられていて

その妖力を恐れた当時の日本人は

意識的に短いしっぽの猫を繁殖させてきた ということです


文明開化後 そういう都市伝説は風化し

今ではこれは遺伝情報に元ずく遺伝的形質にすぎないのですが

猫にとっては大迷惑な伝説ですよね!

黒猫 烏猫 カギしっぽ などなど

色やカタチによってその災難もいろいろ

多様性を認める世の中になって

ほんとによかった!


猫だけでなく

動物にとってしっぽは身体的にだけではなく

感情表現や社会的役割に於いても

とっても大切な役割を担っているんですよ

しっぽって 実はじつに面白いものなのです!

これはこれから折々にお話ししていきますね


さてくるみちゃん

しっぽだけのご紹介で大変失礼いたしました!

まだまだあどけない女の子

かわいらしさ全開のくるみちゃんはこちら!

ジャーン!

♥♥♥

最新記事

すべて表示