春、気をつけたい動物の健康

暖かくなってきましたね


観測史上 最も早い桜の開花が

もしかすると迎えられそうな、今年


重いコートを脱いで

身も心も軽やかな春ですが

動物たちにとって実は注意が必要な時期なのです



多くの日本人が悩まされる春のアレルギー

人間同様 犬や猫にも起こります

花粉、寒暖差、ハウスダスト、植物、食べ物…

原因物質は多種にわたっていて

特に春先、悪化してしまう子が多くなります

まずは対症療法を考えますが

フードを含め生活環境にも注意と工夫が必要です



換毛期の皮膚炎も春先は要注意です

毛が抜けるとき 分泌される老廃物が

皮膚に付着することで炎症が起こりますが

これはある程度

ブラッシングをすることで防ぐことが出来ます

但し、炎症がすでに起きてしまっている場合は

かき壊しに充分留意してください



木の芽時の気になる症状

いずれの場合も

気づいたらすぐに受診してくださいね


最新記事

すべて表示

夏期休診日のお知らせ

令和3年 8月23日(月)~25日(水)夏期休診致します★付添人数制限1名まで★マスク着用★感染予防対策にご協力ください

祝日移動休診日★付添制限のお願い

休診日 7月22日(木)・23日(金)、8月9日(月) 祝日移動連休のご予約はお早めに ★混雑回避の為 付添は1名で★マスク着用の上ご来院ください

狂犬病予防接種◆受付中

Webまたは電話で予約を承ります 申請書ご持参ください ・感染症予防対策実施中/マスクの着用/付添人数2名まで ご協力お願い致します